燃料電池車と電気自動車の違い

地球温暖化については以前は懐疑的な見方も多かったですが、台風の大型化や夏の高温などが起きてあり、断然温暖化が進んでいるようです。

そこで注目が伸びる一方なのが、エコカーです。環境にきめ細かい自動車にはハイブリッド車などがありますが、別に本命と言われるのが燃料自動車と電気自動車です。

電気自動車(EV)は現在でも三菱自動車のアイミーヴなどが市販されています。一方、燃料電池車はトヨタがミライを発売し、間もなく普及していくことでしょう。

燃料電池車(FCV)とEVの違いですが、どちらも電気でモーターを駆動させて走り回ることは同じです。違いは、燃料電池車の場合は水素を分解して、電気を生み出して走る、という点です。

FCVは充電の時間が要らず、走行距離も長いという点がメリットです。その車査定だが、依然として普及し始めた段階ですので、正直なところ相場も定まっていません。ただ、水素が安く供給されてのぼり易くなれば、車査定それでも燃費の良さなどから高く評価されるでしょう。