製造元オプションといった業者オプションの査定額面を比較してみた

車 売却の総額を広く上げて受け取る要素の一つに、装備の有無があります。
装備は通常の愛車には乏しい装置のことをいい、揃えるタイミングに応じてクリエイター装備というディーラ装備の2多種に分けられます。
クリエイター装備は、愛車を注文するときに用意見込める装備のことを言います。
カタログを見ながら愛車に装着してほしい装備をチョイスし、スタジオとして押し付けられるグッズのことです。
一方のディーラ装備は、愛車を販売している暖簾ですディーラでお願いできる装備のことです。
床マットなどがその一例で、備えにはそれほどしんどい操作を必要としません。

上記装備の付いている愛車を車 売却してもらうと、やっぱクリエイター装備の用意された愛車のほうがわずかに激しく査定浴びるようです。
これは自分で装着するには苦しいグッズが多く、ゾーンとしても純正品であるため高く評価されるためです。
逆に床マットなどは市販のものでも代用こなせることが多い結果、ほとんど査定おでこを上げてもらえるわけではありません。